【やっぱり断然105】初めてにも、しっかりにも、105搭載車体がオススメです!
by: 豊田雅史

ご覧いただきありがとうございます、熊谷店スタッフTOYOTAです。

決算SALEは終わりましたが、春の新生活に向けての動きが活発化しています。
そんな中で今回ご紹介するのは、SHIMANOの変速機セット「105」についてです。
何が良いからオススメなの?という所を紹介していきます。

 

やっぱり断然105。
Shimano 105 変速機セット R7100

EPSON MFP image

参考販売価格:¥130,106(税込)

 

ここがアツいよ!105 変速機セット

 以前はネット上で「最低でも105」なんて言い方がされ、
「経験者から105コンポを勧められた」という方も良くご来店されます。
じゃあなんで?というと

・性能面
・拡張性(互換性)
・価格

価格と性能が丁度良いバランスだからオススメ出来ます!

DSC_1865

 

性能面

同世代で比較していくと、
Shimanoのコンポは105以上か、ティアグラ以下かで明確に線引されています。
105以上にしていくとより精度の高い加工、剛性、軽さと細かい点ですがより速く走るための性能が良くなっていきます。

例えばディレイラー(変速機)
フロント側(105→ティアグラの順)

DSC_1867DSC_1869

リア側(105→ティアグラの順)

DSC_1866DSC_1868

ティアグラ以下では105以上と部品の形状も異なり、簡素な形状やコストを重視しています。
その為、レーシンググレードの入門機になる105は、

・しっかり走る人には走りごたえを
・まったり走る方にも快適な操作を

もたらす105以上がオススメとして上がってきます。性能が高くて使いにくい!ということが無いのも利点ですね。

 

拡張性

先程にも出ましたが、105以上とティアグラ以下ではリアの変速段数が違う為、部品の互換性はありません。
つまり「レバーはTiagra以下に抑えて、変速段数だけは上位(105以上)が良い」というのが出来ません。
一式丸ごと交換となります。

しかし105以上では同世代なら基本互換性がある(一部例外除く)ので、現在なら
メインコンポは105、クランクだけはアルテグラ以上のパワーメーター付き
なんて事も出来ます。

一度に変えるとなると部品費用+工賃の壁がありますが、少しづつならイケる!というプランも可能です。

 

価格

元々がレース機材ということもあり、
ロードバイクの性能と価格は比例関係(良いものほど高い)が当てはまります。
参考までに最新の12速Di2機材の価格を比較すると、

・デュラエース 12S Di2 ¥461,231(税込)
・アルテグラ 12S Di2 ¥284,720(税込)
・105 12S Di2 ¥212,947(税込)

となり、アルテグラ以上はそれなりの車体をもう1台買える価格になります…

 

まとめると
105ならレーシンググレードの性能を持ちつつ、買いやすい価格

それが後付けより最初から付いている方がお買い得
という流れで経験者の方やレース機材という前提がある方は105が良いよねって意見になります。
(ネットではロードバイクはレース機材と捉える事が大前提で、敢えて書いてないパターンも多く見受けられます)

とはいえ実際に比べてみないと分からない事も多いので、
熊谷店ではティアグラと105を装備した試乗車を共に用意しています。

DSC_1246DSC_1168
店頭でも105装備車体にPOPが付いていますので、
初めてやあまり経験のない方でもお気軽にスタッフまでお声がけください(ΦωΦ)フフフ…

SNS始めました