【自転車乗りの休日】愛車の洗車、忘れてませんか?[簡単3ステップ!]
by: 豊田雅史

いつもワイズロード熊谷店をご利用いただきありがとうございます!
熊谷店スタッフTOYOTAです。

新年度を迎えてから初めての大型連休が終わりました。
遊びに行くのもイベント前の最終調整で乗り込んだ方もいると思いますが、

愛車、乗りっ放しにしてませんか?(ΦωΦ)ジトッ…

最近店頭でも話題に上がることも増えてきていますし、
見た目だけじゃなく、走りの質にも関わるので今回は洗車方法のお話です。

自宅でも出来る簡単洗車3ステップ!

DSC_2070

先ずは現状確認。

DSC_2071DSC_2072

全体的にキズは無く、タイヤの異物・減りも大丈夫ですが、砂埃が付いていますし、チェーンも乾き気味ですね。
群馬の冬から春先は砂や花粉が北風に乗ってチェーンはすぐジャリジャリになりますし、黒パーツは汚れがハッキリ目立ちます。

準備としては先ずは濡らしたくないアクセサリーを外しまして、

DSC_2073DSC_2074

革のサドルやバーテープを濡らしたくない場合はビニール袋でカバーも有りです。

DSC_2075

 

①汚れ落とし

先ずは頑固な汚れ、チェーンの油落としから。
当店人気は霧吹き型でサッと使い易いMuc-Offのチェーンクリーナー。

販売価格:3,960円(税込)

全体にチェーンクリーナーをかけて少し置いて油を浮かせます。
その後に豚毛のブラシや歯ブラシで汚れを掻き出します。

DSC_2077

オイルと土、砂利の塊が溜まりやすいプーリーやカセット、クランクも一緒に洗います。

DSC_2078DSC_2079

一周したかの判断はミッシングリンクやチェーンピンを目印にすると分かりやすいです。

DSC_2076

 

一度綺麗に拭き取るか水で洗い流したら次はフレームの汚れ。
ここは泥や砂以外には汗や飲み物といった落ちやすい汚れです。
チェーンなども先程油を落としたので纏めて洗ってしまいます。

全体を簡単に濡らしてからフレームクリーナー。
ここでも霧吹き、スプレー式が簡単です。
スプレー式は原液の希釈用にバケツを用意する必要がないのもポイントです。

販売価格:1,980円(税込)

販売価格:2,420円(税込)

(車用、食器用洗剤でも代用出来ますが、希釈前提のものが多いので要注意です。
洗い残しで染みになる可能性があります。)

DSC_2080

さて、全体にクリーナーを付けてスポンジ等で擦らずに満遍なく汚れを落としたら、しっかり洗い流し(拭き取りし)ます。

販売価格:880円(税込)

販売価格:1,969円(税込)

DSC_2081

よく聞かれますが、多少ならスポーツバイクも濡れてしまっても問題ありません。
しかし隙間を至近距離で狙い続けたり、長時間・大量に浴びせる、濡れっ離し、高圧洗浄機はグリスが飛ぶ、中が錆びるのでNGです。
手短に全体をサッと流すのがオススメです。

※特にe-bikeはデリケートな電装部品が多いので気を付けて下さい。
水無し洗車がオススメです。

DSC_2082~2

水洗い後はしっかり拭くか、ブロワーで水分をしっかり除去して下さい。

 

②注油

せっかく綺麗になってもオイルを差さないと逆に錆びやすくなります。
なので洗車と注油はセットだと考えて下さい。

販売価格:1,760円(税込)

DSC_2083

ポイントは付け過ぎないことです。
一周オイルを塗布したらチェーン外周部分は拭き取るのがオススメです。
また時々見かけますが、カセットやクランクは注油不要です。
チェーンについてる油だけで防錆機能は十分ですし、ゴミや砂利が付いて歯が削れやすくなります。

また変速やキャリパーなどの駆動部にも少量付けると防錆、快適動作になります。
(チェーンオイルより粘度の低いオイルがオススメです。) 

DSC_2084

 

③コーティング

最後はコーティング。
艶が出るだけでなく、汚れを付きにくくしてくれます。
しかし大量に付けても効果は変わりませんし、
塗りムラが出ないように直接フレームに吹きかけるのではなく、布に付けて薄く均一に塗り拡げるのがオススメです。
またコーティング専用の布を作れば一部だけ綺麗にしたい時に前回のコーティング剤が染み込んでる部分で拭けるので便利です。

DSC_2085

販売価格:4,620円(税込)

販売価格:2,728円(税込)

 

フレーム全体にコーティングを塗り拡げれば、完成!

DSC_2088DSC_2087

全体にうっすら浮いた砂も無くなり、ツヤッツヤ。
チェーンも綺麗、スムーズに動きます。

ドロドロのオイルや汚れは走行抵抗に直結します。
プロチームのメカニックがレース後に連日でも毎回洗車するのはレース後の点検・報道映えもありますが、
無駄な走行抵抗が最後の勝敗に影響することを知っているからです。
(室内で走るZwiftのプロチームもワット数節約の為に清掃を欠かせないそうです。)
冒頭の「走りの質」はここに繋がります。

レースをしなくてもストレスが少ないに越した事はありませんし、
修理依頼の車体で乗りっ放しノーメンテ故に不具合、寿命が縮んで部品交換になった例も多いです。

洗車、ケミカルと調べると各社から色々出ていて迷うかもしれませんが、こだわりがなければ基本はこれで問題ありません。
細かいことはお気軽にスタッフまで(ΦωΦ)フフフ…

SNS始めました