【マニアック古谷野】ディスクブレーキとフレームの精度を整える工具
by: 古谷野 穣治

ロードバイクにディスクブレーキが付いたのがどんどん増えていきます。
それに合わせて茅ヶ崎店で新しい工具を導入致します。

PARK TOOL DT-5.2 ¥89,100+税
※メーカーお取り寄せになります。

簡単に言うとディスクブレーキの台座の
精度を出す工具になります。

フレームやフォークにブレーキを取り付けますが、
そこの精度が出ていないとブレーキ固定ボルトを
締めると徐々にずれていきます。

なので結局ブレーキを指で押さえながらボルトを
締めなければなりません。

結構時間がかかりますし、面倒です。

茅ヶ崎店でもディスクブレーキの
ロードバイク販売が増えていますが、

メーカーや車種問わずこういうケースが多いです。

ちなみに自分のバイクも精度はいまいちのようで
一度位置を決めればよいのですが、結構作業が面倒でした。

工具の説明書や動画を見てもやり方が分かりにくかった・・・。
なので勉強兼ねて自分のバイクで
実際に使ってみることにしました。

決して自分のバイクの精度を出してあげたいわけでは・・・。

削っていきます。
こちらの工具は今出ている主流な規格
なフレームやブレーキに対応しています。

平面になるぐらいに削ります。
カーボンなので実際どのぐらい削れているのか
分かりづらいのですが、その効果ははっきりとわかりました。

以前は指で押さえながら固定ボルトを締めていましたが、
ブレーキレバーを握りながらキャリパー固定ボルトを締めるだけで
キチンと精度が出ています!。
感動しました!。
今度自分の別のバイクもやってあげようと思います。
繰り返しますが、勉強兼ねてですよ(笑)。

これからは整備していて精度が良くない車体には
これ使ってあげようと思います。

以前当店で車体をご購入されて気になる方はご相談ください。

※ワイズロード以外で購入された車体に関しては
保証の関係上、作業しません。ご了承ください。

2019/6/21 古谷野