【旅行記】冬のツーリングに必要なウェアは?~3日目~【しまなみ海道】
by: 三津広太

前回の記事の続きです↓

【旅行記】冬のツーリングに必要なウェアは?~1日目~

【旅行記】冬のツーリングに必要なウェアは?~2日目~

 

最終日はいよいよ念願のしまなみ海道を走ります!

2日目に観光案内をしてくれた松山店スタッフ関くんも同行してくれることになり、

しまなみの名所を巡りました。

 

DSC_0375

 

泊まった宿の部屋から見える来島海峡大橋です。

前日夜の眺めも最高でしたが、朝起きるとこの景色が目に飛び込んできて

これからここを走るんだと思うと期待が更に高まりました!

 

この日の朝の気温は3℃ほど。

服装はインナーシャツ+長袖ジャージ+防風タイツ(+ウィンドブレーカー)

という感じです。

信号はほとんどないので、ほぼノンストップで走ることになるため

身体が温まりやすく、細かく体温調整ができるアイテムが重要だと感じました。

 

日中も最高気温は7℃と、さほど高くはなかったものの、

比較的日差しが強く、防風なしの長袖ジャージが活躍しました!

オススメなのはこのあたり。

 

DSC_0446 (1) 

CASTELLI

RADDOPPIA JERSEY

¥16,000+税

 

カジュアルに着やすいKAPELMUURもツーリングにはGOODですね!

 

DSC_0447

KAPELMUUR

レーシングサーモジャケット

¥17,000+税

 

長袖ジャージは 、特に冷えやすい夜間などにアウターとインナーの間に着るミドルレイヤーとしても使えるので、1着持っておくとすごく重宝しますよ!

どちらもセール中のため店頭ではもっとお安くなってます!

 

そして重要なのは中に着るインナー!

別の記事でもご紹介したので詳しくはコチラをご参考ください。

↓↓↓

【CRAFT】今の時期こそインナーが重要!

 

この日は防風付きのBE ACTIVE EXTREME WSを使用しました。

 

DSC_0444

CRAFT

BE ACTIVE EXTREME 2.0 WS 長袖クルーネック

¥9,900+税

 

やはり長袖ジャージとの相性はバツグンで、

基本的にはウィンドブレーカーも着なくてOKでした!

 

が、ウィンドブレーカーも重要な体温調整アイテム!

オールシーズン使える優れモノですので持っておいた方が絶対にいいですよ!

私はCRAFTのものを愛用していますが、店頭には他ブランドの物もありますのでご参考までに。

 

DSC_0448

CRAFT

FEATHERLIGHT JACKET

¥12,000+税

 

こんな感じの装備で走り、体温に応じて脱いだり着たりします。

 

こんなにいい天気だったので走ってると暑いんですが、

やっぱり休憩をいれると冷えますね~。

こういう時にウィンドブレーカーは便利です!

休憩スポットもちらっとご紹介します~。

 

DSC_0391   

 

ここはサイクリストの聖地と呼ばれる石碑です。

撮れる景色も絶景ですね・・・

 

DSC_0399DSC_0400

 

ここは大三島にある大山神社という自転車神社です!

自転車関連のおみくじやお土産もたくさん売っていて楽しかったですよ!

 

DSC_0403

 

どの島から見える海も本当にきれいでサイコーでした・・・

 

DSC_0406DSC_0410

 

本州に渡るには最後、ほんの少しだけフェリーに乗る必要があります。

所要時間は1,2分程度。乗船料金は70円。

日本一短い船旅だそうです。もちろん自転車はそのまま乗り入れOK!

 

DSC_0412 

 

尾道でお好み焼きを食べて今回の旅は終了しました。

しまなみは今までツーリングで行った場所の中でも

1、2を争うほど楽しかったので、行こうかなぁと迷っている方がいたら

すぐにでも行っちゃいましょう!

冬なら走ってる人も少ないので今が穴場シーズンですよ!

 

DSC_0390

 

ご紹介した商品以外でもツーリングに使いやすいものはたくさんございますので、

初めてツーリングに行かれる方やウェアでお悩みの方はぜひ店頭でご相談ください!

ご紹介した商品のカラーやサイズなどもぜひ店頭でご確認ください!

 

 

ワイズロード横浜ウェア館
tel:045-680-0054
2017/2/3
ミツ