【FI’ZI:K】話題のR1B INFINITO KNIT、フィッティングや如何に。
by: 高橋恭平

 

 

以前入荷した旨をお知らせしましたが、実際履き心地はどーなのよ?

 

ということで改めて試着。

 

細かい部分を見ていきましょう!

 

 

 

 

 

 IMG_3434

 

 

 

FI’ZI:K : R1B INFINITO KNIT BOA

¥44,000-(+TAX)

 

 

 

 

 

まずはルックス!単純に格好いいですよね~。

 

FI’ZI:Kらしいすっきりとしたデザインに、ニットの質感の組み合わせが新鮮!

 

 

 

 

 

 IMG_3435

 

 

 

 

 

そのニット部分。

 

これは通気性が高そうです。

 

全体の通気性が良いのはさることながら、

 

「目」の大きさにメリハリをつけて、熱を効率的に排出できるよう工夫しています。

 

 

 

 

 

 IMG_3425

 

 

 

 

 

内側から見ると・・・

 

わかりにくいですが、光が透けていますね。

 

通気性の良さが伺えますが、冬は寒そうですね~

 

 

 

 

 

 IMG_3426

 

 

 

 

 

履いてみると、全体の足なじみがいいのが実感できます。

 

ダイヤルを締めていくと、

 

ニットのしなやかさが足を包み込んでいくのがわかります。

 

 

 

 

 

 IMG_3427

 

 

 

 

 

特に母指球周辺と、

 

 

 

 

 

 IMG_3428

 

 

 

 

 

足刀部の足なじみが非常にいいですね!

 

母指球は骨が突出して痛みを感じることが多い部分ですし、

 

足幅がある場合足刀に圧迫を感じる方が多いですから、

 

しなやかなニットは最適素材なのかもしれません。

 

面で当たる感覚が心地よいです。

 

 

 

 

 

IMG_3415

 

 

 

 

 

全てがニットで構成されているわけではなく、

 

ダイヤル取り付け部、トゥやヒールの底部などは人工皮革を使用。

 

これにより、ただ柔らかいだけのシューズとは違ってメリハリが効いています。

 

むしろ、履いてみるとシューズ全体の硬さを感じます。

 

必要な部分には十分な強度を持たせているんですね!

 

 

 

 

 

IMG_3417

 

 

 

 

 

R1Bには、ダイナミックアーチサポートという特別な機能が搭載されています。

 

土踏まず部のカットがとても独特になっていますね。 

 

これにより土踏まずのすき間を埋めて、

 

シューズとの一体感をより感じることができるのです。

 

ダイヤルを締めていくと、少しずつきゅっと引き上げていくような感覚があります。

 

 

 

 

 

IMG_3416

 

 

 

 

 

このシューズの最大の特徴であるワイヤールーティング。

 

以前までのモデルは一本のワイヤーで左右を締める構造でしたが、

 

今回は「∞」にワイヤーを配したことで、

 

よりしっかりと包み込むようなフィット感に。

 

このワイヤールーティングが、

 

INFINITOというシューズの名前の由来になっています。

 

 

 

 

 

IMG_3423

 

 

 

 

 

以前のルーティングとの違いは一目瞭然。

 

画像は以前のR1を踏襲したR3B ARIAです。

 

こちらはワイヤーを通すポイントが三か所ですが、

 

INFINITOは五か所!!

 

足先のフィット感向上は間違いないですね。

 

 

 

 

 

 IMG_3438

 

 

 

 

 

しかし、 フィジークのシューズ全般に言えることですが、

 

アウトソールからのアッパーの立ち上がりが薄いです。

 

画像だとわかりにくいですが、

 

足の厚みがある場合、圧迫感が出てくる可能性があります。

 

 

 

 

 

IMG_3436

 

 

 

 

 

特に小指付近は薄い!

 

ここは要チェックな部分です。

 

 

 

 

 

 IMG_3429

 

 

 

 

 

さらに、トゥのラウンドの形状を見てみると・・・

 

 親指と人差し指に当たる部分が一番長く、

 

そこから急激に落ち込むようにラウンドしています。

 

ですので、指の長さが揃っているかたには合いにくい形状です。

 

 

 

 

 

 IMG_3430

 

 

 

 

 

こんな感じの足形の人は合いやすいですね。

 

人差し指が長めで、小指にかけて落差のある足形。

 

こういった形の場合、足の厚みが薄い方が多いですから、

 

先にあげた立ち上がりの薄さも気にならず、

 

むしろ指がバタつくこと無くかっちり履くことができますね!

 

足先にゆとりを持たせたい方は別のモデルの方が向いている可能性があります。

 

 

 

 

 

 IMG_3439

 

 

 

 

 

アウトソールはもちろんフルカーボン。

 

カッチカチです。

 

正直、私には不必要な硬さかな・・・?

 

エアインテークも計算されつくした位置についています。

 

風の通り道ができているので快適に走れるでしょう。

 

ニットで柔らかいイメージをお持ちかもしれませんが、

 

全体の剛性感はなかなか・・・

 

ガチで走る方には非常に向いてます。

 

 

 

 

 

 

長くなりましたが、トップグレードにふさわしい機能を持つこのシューズ。

 

サイズは40/41/42を在庫していますので、

 

気になった方は横浜ウェア館でご相談下さい!

 

お待ちしております!

 

 

 

 

 

2017.10.28  横浜ウェア館  タカハシ