【社員試乗会】雨の中のウェアコーデ、インナー編。
by: 高橋恭平

 

 

10月17日は社員研修ということで、

 

メーカー様・代理店様にご協力いただいた社内試乗会に参加してきました。

 

 

 

 

 

 2F2A8952

 

 

 

 

 

こんな感じで全員集合。

 

 

 

 

 

 

しかし、魅力的なバイクがたくさん並ぶ中、天気はあいにくの雨・・・

 

そして寒い!

 

最低気温は予報では12℃、雨が降っているので体感はそれ以下だったでしょう。

 

しかも午後は晴れる予報。そんな時はアンダーの組み合わせが重要です!

 

そんな中、今回着用したアンダーはコチラ!

 

 

 

 

 

 IMG_3381

 

 

MILLET :  DRYNAMIC MESH

¥4,600-(+TAX)

 

KAPELMUUR : 長袖サーモアンダー ポリプロピレン

¥6,800-(+TAX)

 

 

 

 

 

テーマは「濡れても体温が上がっても快適!」です。

 

雨の中の運動なので、保温性を担保しつつ汗をかいても冷えないように。

 

MILLETの通年で使用できるアンダーをベースとして、

 

上からKAPELMUURのアンダーを組み合わせました。

 

このアンダー、メーカー様が社運をかけて製品化したそうで・・・

 

その性能やいかに!ということで試してみました。

 

 

 

 

 

結果は素晴らしく高性能!でした。

 

 

 

 

 

雨の中の乗車は体温が上がると非常に蒸れやすいのですが、

 

どちらも疎水性のアンダーですので汗の処理能力は抜群。

 

体温が上がっても不快感がなく、衣服内の環境をしっかり整えてくれます。

 

二枚重ねることで乗車以外の時間も体幹の冷えは感じず、汗冷えもありません。

 

午後になって雨がやみ、気温が上がった状態での乗車も暑くなりすぎず。

 

朝と同じ装備で快適に楽しむことが出来ました。

 

 

 

 

 

KAPELMUURのアンダーウェアだけでも快適なのは間違いないですが、

 

今回のように気温や環境の変化がある場合、

 

もしくは体幹の保温性をより高めたい場合には、

 

MILLETのような疎水性の高機能アンダーを重ねるといいですよ。

 

重ねることで断熱性が増し、結果的にアウトウェアを薄くすることができます。

 

肉厚なウェアのもたつきが苦手な方にはオススメです。

 

 

 

 

 

IMG_3383

 

 

 

 

 

 どちらも横浜ウェア館で販売中ですので、気になった方はぜひ!

 

より詳しく性能を知りたい方はスタッフまでお気軽にお尋ねください!

 

 

 

 

 

2017.10.19  横浜ウェア館  タカハシ