気になったプロダクツ!inサイクルモード2015 part3/3
by: 吉田 哲朗

皆さんこんにちは!新宿ビギナー館の吉田です。

前回 http://ysroad.co.jp/shinjuku-beginnerkan/2015/11/11/1991 に引き続き、

サイクルモード2015で気になったプロダクツをご紹介していきます!

 

早速ですがこちら!

MERCKX SALANCHE 64 105!!

sDSCN1390

 

言わずと知れたエディ・メルクスが引退後に立ち上げたこのブランド。

同ブランドの他のモデルはレーサー向けのモデルが殆どですが、

このエントリーカーボンはオールラウンドの位置づけ。

 

なぜ気になったのかというと、、、

sDSCN1391

このフレーム形状!

シートステーがすごい形をしています。剛性と柔軟性の両立のためだとか。

sDSCN1392

このフレーム形状で、オリジナルのシートクランプも採用して、かつフル105仕様で、ワイヤー系も

すべてフレームに内蔵されて、、、

¥236,000+tax(2015/11/11時点)

!? 決して20万円台には見えないバイクです。

トップチューブのスローピングもあるので、日本人でも乗りやすいはず。

まだ販売は開始されておりませんが、お気軽にご相談ください。

——————————————————————————

——————————————————————————

つづいては

SELLE ROYAL – SCIENTIAシリーズ!

sDSCN1386

 

クッションの分厚い、お尻にやさしいサドルをラインナップするブランド、SELLE ROYAL。

同ブランドのハイグレードにあたるシリーズがこのSCIENTIA。

触ってみるとしっとりした肌触りと程よい硬さのクッション。

そして、、、

sDSCN1387

このシルエットです!

「お尻が痛くて、、、でも分厚いサドルはちょっと、、、」という方におススメです。

分厚いだけで見た目を損ねてしまうサドルが多い中、この流線型のフォルムには大満足。

ハイグレードといえど、お値段も¥8,260+tax(2015/11/11時点)とリーズナブルです。

こちらもお気軽にご相談ください!!

——————————————————————————

——————————————————————————

さらにアクセサリーをご紹介。

DEDA ELEMENTI – SQUALO !!

sDSCN1381

 

もう販売は開始しているのですが、他にはないようなバーテープです。

何が珍しいかというと、、、

sDSCN1382

鮫肌!!

クッションの厚さや伸び具合は今までのDEDAのバーテープに倣っていますが、肌触りは

さらっとしていて、それでいて滑らない、独特の感触。まさに鮫肌。

これからの季節、手袋だとコットン系のバーテープはすべりやすい。

ゲル系はグリップがいいけど触るとすこし冷たい。

このどちらの短所も克服してしまう、いいバーテープではないでしょうか?

パッケージのサメのヒレ、、、決してフカヒレではありませんよ!

 

以上になりますが、完成車ではなく、あえてアクセサリー類をメインにご紹介してきました。

小物にも完成車に負けない魅力があるので、皆さんも色々な商品を触ってみてください!