北海道ツーリング行ってきました!⑦~ホントにゴール&合宿の終わり~
by: 齋藤拓

思えば長い道のりでした(記事としても)。

出発のフェリーから台風に痛い目を見て取り立ての免許で自転車を車に乗せてちょっと山を登りながらそれ以上に食べ

テントを買い直して手痛い出費をしながら阿寒や日本最東端で美味しいものを食べ異例の台風にけちょんけちょんにやられ

そして前回は、納沙布岬から日本最北端の宗谷岬まで走り切り、有終の美を飾った…かに見えました。

 

でも我が部の合宿のゴールは富良野なんです。そして旭川に戻ってきたのも富良野へ向かう途中に美瑛を通りたいがため。

だからあんな変なルートになってしまったんですね。

ゴールまでラストスパートです!

 s-img_0951

 

 

 旭川で有名なラーメン店へ。

 

s-img_0996

 

 

毎年いろんな大学や旅人が訪れてはノートに色々書いていきます。当然今年もつめ跡を残してきました!

食レポなんてできませんが、このシンプルなしょうゆラーメンがホントに美味い。また行きたいなぁ…。

 

ラーメンで元気を付けたら美瑛へ出発。

と言っても大した距離ではないのですぐ着きました。やっぱり丘がいっぱいあって走り回るのはちょっと大変。

でもそれ以上に景色がいいので気分は最高ですね。

 

 

 

 

s-img_1019s-img_1008

 

観光案内所の近くでコロッケを。ジャガイモが美味しいのでとんでもなく甘くて美味い。

もう北海道なんでもうまいんじゃ~。

 

s-img_1051s-img_1076

 

お次はチーズフォンデュとパンケーキ。

数日前まで台風の中を泥まみれで走ってきた男衆とは思えぬお洒落感。

これまた美味しいので去年からの継続です。人気店なので行列必至。二時間は待ちました…。

 

simg_1104

 

 

花畑の周りをバギーで一周できる丘があるので班員で挑戦。

曲がり切れずタイヤの柵に突っ込む事故多発。私はかなり上手くいきましたが!

 

 

 

 

s-img_1152

 

 

後輩にカッコイイ写真撮ってもらいました、ありがとうございました。

 

そして実はこの日が班員だけで過ごす最後の夜でした。

翌朝そとから一枚。

 

s-img_1228

 

 

s-img_1237

自転車にトンボが。サドルとかにも止まってました。

 

この日は最後に全班が集合する宿へ向かいます。が、距離が短いので目いっぱい寄り道していきます。

 

s-img_1259s-img_1262

 

あまりに天気が良いのでうとうとしてしまうのも納得。メロンも食べて大満足。

 

s-img_1269

 

ちょっと移動して今度はケーキと牛乳を。

このケーキメロン味なんですが、写真に写ってない所でメロンパンも食べました。

 

s-img_1285s-img_1290

 

花畑が非常に美しい。

天気がいいのも本当にいいことです、ちょっと前に散々苦しめられた台風がうそのよう。

毎年集合開散の日は晴れるので、この日の天気はチャリ部の年間予定で決まっているんだ、とか(笑)

 

s-img_1367

 

まだまだ遊びます、ジャガイモ掘り体験もしました。

 

s-img_1372

 

s-img_1400

 

さらにさらに自分たちが掘ったイモをふかして食べられるんですね。

 

s-img_1414

 

\やっぱりおいしい北海道!!/

 

…こうして北海道合宿は終わりを迎えました。

翌日は富良野駅前で全員そろっての集合写真。

 

simg_1629s-img_1590

 

 

長かった、大変だった、楽しかった。

 

ちなみに最終的なゴール直前の装備はこんな感じ。

 

s-img_1415s-img_1416

 

後ろにほぼ全過重がのっているのでマネしないで下さいって感じですが、クロモリなので謎の安心感あります。

前三角がもう少し大きければなーとは思いますがやはり愛着が凄いです。

合宿も三回目、お疲れさま俺の自転車…。

 


 

以上で夏合宿は終わりました。正直三週間を駆け足で書いただけですし、書ききれなかった事もたくさんありました。

上手なまとめ方が見つからないので蛇足にならないよう簡潔に終わらせたいところですが、

「自転車の旅はやっぱりいい。」という一点だけはお伝えしたいです。

車にも、バイクにも、鉄道にもそれぞれの旅の良さがあると思います。

それでも自転車には自転車にしか見えない景色があると思います。

苦労して、自分の力で走ったからこそ味わえるつらさ、出会い、美味しさ、喜びがあります。

当店のブログを読んでいる方なら「もう知ってるよ!」って方もいらっしゃるかと思いますし、まだ自転車で旅したことがない方もいらっしゃると思いますが、改めて自転車の旅を推したい、というところです。

 

長い記事になりましたがありがとうございました!

皆さんも是非時間を見つけて自転車で旅してみて下さい!

 

s-img_1352

 三週間ついてきてくれた班員達、ありがとう

 

スタッフ齋藤