【スタッフ】赤城HC仕様【バイク】
by: 入澤 司

度々失礼いたします。

新宿カスタム店、いりさわです。

 

さて、まえばし赤城山ヒルクライム大会が目前へと迫ったきました。

僕は、減量を失敗して、天気にも恵まれず、まともに練習できないまま

本番を迎えようとしています。ちなみに先日も雨の止み間を狙って走ったら

雨にガッツリ降られて、大変危ない思いをしながら走って参りました・・・。

 

そういえば、赤城に合わせてワイヤーとバーテープを張り替えましたので

ちょっとだけ、自慢ご紹介させて頂ければと思います。

 

dsc_0031

 

MADONE6.5 プロジェクトワン

カラー:ソリッドアウトラインロゴ(スモークカーボン/フレアイエロー)

9000/6700mixコンポ

 

自分のコンポは10速のまま、クランクとブレーキだけ9000系に

していますので、ワイヤーも10速の物を使わないといけなくて・・・。

そこでチョイスしたのが、こちらのワイヤー。

 

ジャグワイヤー / エリートワイヤー

 

dsc_0098

 

一本あたり、9000系のワイヤーと同等の価格(約2,000円)

とかなり高価なケーブルですが、これが素晴らしく良く動きました。

 

dsc_0099

 

店頭にサンプルもありますので、ご興味のある方は触れてみてください。

するする動きますよ。

 

dsc_0035

 

アウターはシマノの純正品をそのまま使えるので、外観は一緒でした。笑

 

dsc_0034

 

バーテープは、スパカズに。第三世代になって、エンボス(凸凹)加工

が施され、前より更に手に吸い付くような感触に進化しました。

雨の中で濡れた状態で握っても滑らず、安心感がありましたね。

 

後は、簡単に仕様のご紹介を羅列してみます。

 

dsc_0032

 

手作りビッグプーリーケージに、TNIのフルセラミックプーリーを上下にセット。

BBもTNIのセラミックをインストールして、KMCのチタンコートチェーンを選択。

回転部分に高性能なパーツをチョイスして、ロスを減らすように努めました。

 

他の部品は、ほぼボントレガーで統一。カーボンのホイール、サドルやステムを選び

決戦仕様に仕上げると、大体6.5~6.3キロに収まります。

 

dsc_0033

 

ちなみに、安全についても注力していまして。

これは、ボントレガーのフレアR。1キロ以上離れたところからでも

光が確認できるほど、視認性に優れたテールライトを使っています。

あ、もちろん、ヘッドライトもボントレガーです。ION700を使ってます。

良く見えるライトを使って、安全に走りましょうね。

 

さて、機材だけはイッチョマエですが、脚は全くダメです。

お客様の中で赤城に参戦されるかた、抜き際に見つけたら

是非、お声かけください、「ガンバレ」って笑 では会場でお会いしましょう・・・。

 

 

 

 

新宿カスタム営業時間案内バナー_01

新宿カスタム営業時間案内バナー_02

 

新宿カスタム営業時間案内バナー_03