【スタッフバイク】 スタッフ間野史上最高額やっちまった(笑) シクロクロスレーサーSUPER X!【渋谷キャノンデール ブランドストア】 
by: 間野友輔

DSC03742

  
ワイズロード渋谷キャノンデールブランドストア
の間野です。
 
前回の記事でもお知らせしましたが、今週末、11月23日(土・祝)に長野県南牧村・野辺山高原で開催される国内シクロクロス界最大のイベント
『Rapha Super Cross Nobeyama(野辺山シクロクロス)』
に参戦するためのバイクが仕上がりました。
 
ベースになったのはこちら
 

190509superx_1  
 2019 SUPER X APEX1 
メーカー希望小売価格¥320,000+税 

 
フレーム自体はSUPERSIX EVOのようなカーボン材質によるグレードの上下(Hi-modとノーマルモッド)がありませんので、全米チャンピオンのステファン・ハイドも同じものを使っています。昨年の販売パッケージはSRAM APEX1を搭載したモデルでした。
 
仕様としてはこのままでも別に構わなかったのですが、サッカー『湘南ベルマーレ』のファンである私が、『ジェフユナイテッド市原』カラーのバイクに乗ることはできないので(笑)、ペイントすることにして、ついでにいろいろカスタマイズしました。
 
その結果がコレ!
 
 
191118superx_02
 
派手すぎでびびってます。下手な走りできないな~。
案の定、キャノンデール・ジャパンのカズさんこと山本和弘さんからもプレッシャーかけられてますwww
  
 
191118superx_04 
コンポーネントはSRAM RED22を中心にアッセンブル。
前のメイン機材、FOCUSのバイクについていたRED22を載せ替えの予定でしたが、ある瞬間に変なスイッチが入ってしまい(笑)、ほぼすべてのパーツを新規注文してしまいました。
ここまで組み終わってから、なんでFORCEにしなかったのかと自問しています(^^ゞ
スプロケットだけFORCEなんですけど。あ、チェーンもシマノ使ってます。
 
 
191118superx_05 
クランクセットはCannondale HOLLOWGRAM SIに、以前短期間使っていたFSAのチェーンリング46×36Tをセット。ここはSUPER Xに関してはちょっと難しい部分で、BBシェル幅が広い『BB30-83』という特殊規格なので、BB30のシャフトに嵌合するタイプのクランクしか取付できません。となると、HOLLOWGRAMか、FSAか。SRAMだと12速のものでないと対応しません。というのも、11速のクランクは左クランクがBBシャフトから外せないからです。
 
 
191121BB30shaft 
シルバーのシャフトは通常のBB30用シャフト。紫はもともとこのSUPER XについていたBB30-83のシングル用シャフト(長さ119mm)。ダブルで使いたい場合はシャフトを更に長いオレンジに着色されたもの(長さ125mm)に交換しなくてはいけません。TOPSTONE CARBON にもオレンジのシャフトが入っています。写真撮るの忘れた……。
 
 
191118superx_06 
ペダルはCrank BrothersのEGG BEATER3。これもオフロード系ではこれしか使っていないという愛用品です。今回はじめて現行モデルを入手。先端のキャップが六角ボルトに変わってメンテナンスしやすそうです(以前はマイナスドライバーで、よくナメた)。
 
 
191118superx_07 
ホイールは今年日本に上陸したオランダのSCOPE CYCLINGをチョイス。
R4Dというリムハイト45mmのカーボンディープで、チューブレス対応。
 
SCOPEを選んだ理由は、複数揃えるのに高すぎない価格で、カーボンディープが使いたかったため。SCOPEは定価18万円なので、他社の同グレードのものより割安です。
 
そしてこのホイールのリアを、SUPERXが採用する『オフセットAi』という規格に合わせるため、スポークテンションをいじって、タイヤセンターを非ドライブサイドに6mmずらしています。最初はフルクラムでやろうと思ったのですが、スポークの組み方が特殊だとオフセットできません。
 
 
191118superx_08 
SCOPEはリムとハブを自社生産しているので、ハブは独特なデザイン。スポークはSAPIMを使用しているので、折れた際の入手は専用品を使っているメーカーよりも容易です。
 
タイヤは長年愛用しているCHALLENGE。今回はBABY LIMUSという、軽い泥用タイヤをつけていますが、レースコンディションに応じて複数のタイヤを使い分けています。サイドがしなやかなこのタイヤ、今のところチューブレス非対応なので、このホイールにもチューブを入れて運用します。
 
 
191118superx_11 
ハンドルも、シクロクロスでは長年愛用しているDEDAのZERO100。フラット部分が扁平していて握りやすいのが気に入っています。
ステムもZERO100ですが、ロゴが目立って全体のデザインに合っていないのは、ポジション合わせ中の仮ステムなので。今回、いままでのバイクとだいぶジオメトリーが異なるのと、自分自身のブランクが長いこともあって、現状は手探り状態です。
 
バーテープはfi’zi:kの旧モデル、スーパーライトクラシック。フレームのブルー部分と合わせました。廃番カラーで気に入ったものは複数ストックしています。
GARMIN Edge520を装着しているコンピューターマウントはCannondale。現行はブラックとホワイトのラインナップですが、このグリーンもまだご案内できます。
 
 
191118superx_13 
サドルはfi’zi:k TONDRA M3のカーボンブレイデッドレール。もともとロードもシクロクロスもARIONE Rシリーズを使っていましたが、シクロクロスではTUNDRAのほうが合っているのに気づき、昨年からTUNDRAに替えています。この色は数年前のレギュラーモデル。

 
なお、目を惹くのはカスタムペイントだと思いますが、モチーフは今年の湘南ベルマーレのユニフォームです。カスタムペイントは弊社でも承っていますが、今回は個人的な友人の工房に依頼しました。こういう手間がかかるデザインは、ビックリするくらいのお値段しますので、詳細は店頭で個人的に聞いてください。
 
 191118superx_014 
当然、渋谷キャノンデールブランドストアのみで施工可能なコーティングサービス『ガラスの鎧』『カガミの甲冑』も施工しました。あいにくと今週末の野辺山は雨予報になってしまい、泥試合の様相ですが、汚れが落ちやすく小キズもつきにくいはずなので、あとは自分の頑張りだけ!
 
 
で、タイトルの『間野史上最高額』ですが……。
これまででいちばん高いバイクは、2010年モデルSUPERSIX Hi-mod Team。メーカー希望小売価格¥856,190+税(当時は消費税5%)を型落ち値引きで買ったのですが、今回、ざっと計算したら、まだコンポ代入れてないのに既に支払金額がSUPERSIXを超えている……。オフロード競技って機材壊す可能性が高いから、機材にあまりお金費やさないのが常識みたいなとこ、あるんですけどね……。
 
 

 

 

キャノンデールなら渋谷!
道玄坂でお待ちしています!

 

21th November 2019
author : ワイズロード渋谷キャノンデールブランドストア まのゆうすけ

 


 

 

 bnr_instagram_shibuya

 

【ご案内】

 

渋谷本館は電車アクセスがイイんです!!

 

JR山手線・埼京線

東急田園都市線/半蔵門線

東急東横線/メトロ副都心線

メトロ銀座線

京王井の頭線

と乗り入れ路線を含めても

多くの路線と接続しアクセスしやすい!!

 

 

最近は便利な地下道

渋谷ちかみち※クリック

も出来てきて

地上の人混みを避けて移動することも

できるようになりました!!

出口は“2番出口”をご利用ください♪

 

 

 


 

 

 Y’sRoad Shibuya Honkan 
住所:東京都渋谷区道玄坂2-10-7新大宗ビル1号館
電話番号:03-5728-3539
営業時間:月~金/12:00~20:00
土日祝/11:00~20:00 ・定休日なし

【渋谷本館お得情報満載!!↓↓クリック↓↓】