【新章突入】カーボンクリンチャーは普及帯でも、武器となり得るのか?【REYNOLDS ATTACK】
by: 梅林 康典

attack3747_n

 

 

昨年のちょうど今頃から始まった

「カーボンクリンチャーはホイールの新たな地平を開くか?」

シリーズ。

 

 

その1

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2014/11/post-520.html

 

その2

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2014/11/2-1.html

 

その3

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2014/12/3.html

 

その4

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2015/01/reynolds.html

 

その5

http://ysroad-nagoya.com/staffblog/2015/01/post-534.html

 

その6

http://ysroad-nagoya-customkan.com/staffblog/2015/03/post.html

 

その7

http://ysroad-nagoya-customkan.com/staffblog/2015/04/bora.html

 

完結編

http://ysroad-nagoya-customkan.com/staffblog/2015/04/bora-1.html

 

 

マイバイク8405_n

 

結論としては

「十分にこれまでのカーボンチューブラーホイールに対抗しうる」

となり、今シーズンの梅林の主力武器としてREYNOLDSのカーボンクリンチャー

46 AERO  

が採用されたわけです。

 

 

それからこの一年の間に、当初は選択条件として挙げた

「フルカーボンリムであること」

(アルミの上にカーボンが乗っている構造ではない)

は、もはや当たり前 となり。

 

 

ついにあのカンパニョーロさんに続いて、フルクラムまでもが

imgp9648

RACING ZERO カーボン 

2016_Racing_Quattro_Carbon_rim_closeup_mask-1

RACING QUATTRO カーボン

 

と立て続けに、トップモデルと

ミドルグレードでのカーボンクリンチャーをリリースしたことで

もはやこの流れは決定的と言えます。

 

という流れを受けて、今年Y’s Road名古屋カスタム館で

「意外と売れたな」

というホイールが

 

REYNOLDS ATTACK と  ASSULT

 

を、例によって地域癒着型を本分とする梅林が

レイノルズ氏774_n

レイノルズさんにお借りしまして。

(同じ名前だからといって、自宅で焼き窯で造っているわけではない・・・・・・はず)

 

 

車体に装着

ATTACK6347_n

 

まぁ何というか、今シーズンはレイノルズのホイールを付けていることが多かったので

 

ATTACK9886_n

違和感は全くない。

 

 

テストに使用するタイヤは、当然のことながら

attack8248_n

シュワルベ ONE  25C

今シーズン、これも使用率の高かったタイヤで

普段とイコール条件にしたかったので登場です。

こちらも地域癒着型ですが何か?

 

 

ホイールのスペックとしては、

前後を実測すると

1,360g

カタログスペックで1,365gなので誤差の範囲といえます。

(クイックレバーなど含まず)

 

attack44_n

 

 

早速、まずはサンデーライドでの平地メインの80kmで走行。

 

 

151018SR9875_n

 

ちょうど、コスモスが見ごろな庄内パヴェ地公園

 

attack4908_n

 

まずですね。

挙動が素直。

非常に安定しており、違和感なく走れます。

というか、アルミホイールだっけ?と感じるほどの扱い易さ。

 

リムハイトが29mmとイマドキのカーボンホイールにしては低いせいもあって、

とても乗りやすい印象。

それでいて、カーボンリムそのものが硬いのかカッチリした感触で

振動はスポーク側で吸収しているイメージです。

 

実はこのATTACK、クリンチャーだけでなく

チューブレスも使用できる設計で、そのためリムの気密性を高く保つために

頑丈である必要があり通常のカーボンホイールとは違った、

アルミホイールのような乗り味になるのだと思われます。

 

 

一方、リムハイトが低いことで期待される

登坂性能はどうか???

 

 

この日は、「名古屋のカペルミュール」定光寺をある程度ペースを抑えて

登ったのですが・・・

重量以上に、登ってくれました。

 

使えます。

これは、使えるホイールです。

 

 

そして、数日後。

個人練習に、お付き合い頂いたのは・・・

井上店長29_n

 他店で恐縮ですが、サイクルぴっとイノウエの

井上店長

 

先だっての

最速店長32_n

最速店長選手権で、並み居る豪脚店長の中でも

惜しくも4位

さらに、今年の春の鈴鹿エンデューロ アタック120ソロ 優勝

昨年の秋の鈴鹿エンデューロ 4時間ソロ 優勝

の実力の持ち主。

店長選手権以来、なんだか仲良くなってしまい

今回の一緒に練習の運びとなりました。

 

 

豊田の定例と言える、26kmのアップダウンのあるコースを

変則的に2周半。

ノンストップでローテーションしながら、お互いに意地の張り合い?なのか

ペースを落とさず。

井上店長のマシンが、某S社のワークス+Z社のカーボンホイールという

「速くて当たり前と思われる」by ご本人

仕様に対し、遅れをとることなくついていけるホイールの性能・・・・・・。

 

使えます。

このホイールは使えます!!

 

 

実売価格で税込でも20万円を切るカーボンホイールとしては

非常に高い性能を持っています。

 

 

Y’s Road名古屋カスタム館では、現在メーカー欠品中のため

入荷待ちですが、店頭で予想外に売れたのも頷ける性能。

カーボンクリンチャーホイールとしては、非常におススメできる一本です!!